労働者派遣事業の許可の有効期間

労働者派遣事業許可の有効期間

派遣許可の有効期間は許可の日から3年

労働者派遣事業の許可の有効期間は、許可の日から起算して3年です(派遣法第10条)。有効期間の満了後、引き続き労働者派遣事業を行おうとする場合は、許可の有効期間の更新の申請をしなければなりません。更新後の許可の有効期間は5年です。更新の申請は、有効期間が満了する3カ月前前に行います。

労働者派遣事業許可有効期間更新申請の書類

更新時に必要な手続き書類は、次のとおりです。

許可の有効期間更新申請書類
  1. 労働者派遣事業許可申請書・許可有効期間更新申請書(様式第1号)3通(正本1通、写し2通)
  2. 労働者派遣事業計画書(様式第3号、第3号-2、第3号-3)3通(正本1通、写し2通)
  3. 添付書類(省略)および参考資料(省略) 2通(正本1通、写し1通)

労働者派遣事業許可有効期間更新申請の手数料

派遣事業の許可更新の手続の手数料は、以下のとおりです。相当する額の収入印紙を申請書に貼って添付します。

手 続 手数料
労働者派遣事業許可の有効期間の更新申請 55,000円×(労働者派遣事業を行う事業所の数)

労働者派遣事業許可有効期間更新申請の代行サービス

HRベイシス社会保険労務士事務所では、面倒な労働者派遣事業の許可更新のお手伝いを致します。

労働者派遣事業の許可更新の代行は、HRベイシス社会保険労務士事務所にお任せ下さい。ただいま、秋の大感謝祭特別料金にて、フルアウトソーシングで承ります。

労働者派遣事業の許可有効期間の更新申請代行サービスに関しましてはこちらから詳細をご確認下さい。

お問い合わせ・お申込みフォーム
派遣許可更新のお申込み、お問い合わせ、そして御見積依頼はこちらから