キャリアコンサルティングの相談窓口の設置

キャリアコンサルティングの相談窓口の設置

今回は、派遣労働者キャリア形成を行うためにのキャリア形成支援制度の条件を満たす「キャリアコンサルティングの相談窓口の設置」について確認しておきましょう。

相談窓口には、担当者が配置されていること。

担当者については、キャリアコンサルタント(有資格者)キャリアコンサルティングの知見を有する者(職業能力開発推進者、3年以上の人事担当の職務経験がある者等)、又は派遣先との連絡調整を行う営業担当者を配置する必要があります。

相談窓口は、雇用する全ての派遣労働者が利用できること。

相談窓口については、事務所内に定められた相談ブースを設置することのみならず、電話による相談窓口の設置、e-mail での相談の受付専用 WEB サイトの相談窓口の設置等により雇用する派遣労働者がキャリアコンサルティングを申し込めるよう、その雇用する派遣労働者に対して周知するとともに、適切な窓口を提供しなければなりません。

希望する全ての派遣労働者がキャリアコンサルティングを受けられること。

希望する全ての 派遣労働者がキャリアコンサルティングを受けられること。

キャリアコンサルティングは、実施にあたっての規程(事務手引、マニュアル等)に基づいて実施されることが望ましいこと。

なお、キャリアコンサルティングは、必ずしも常時行わなければならないわけではなく、例えば毎週2回定期的に実施することや派遣労働者の希望に応じ随時実施すること等も可能です。また、キャリアコンサルティングを行う場所についても事務所の内外を画一的に指定するものではありません。

労働者派遣事業許可申請代行のご案内

HRストーリーズ社会保険労務士法人では、労働者派遣事業の新規許可申請代行を承ります。人材ビジネスの実務と許可申請代行の経験に富んだ、派遣に強い社会保険労務士が、許可取得までを完全サポート致します。

労働者派遣事業許可申請代行(秋の大感謝祭・特別プライス)
ただいま、秋の大感謝祭・特別料金にて許可申請代行を承ります。

労働者派遣許可申請代行のご案内はこちらから。

関連記事

  1. 「専ら労働者派遣の役務を特定の者に提供することを目的とする」の判断基準等

    「専ら労働者派遣の役務を特定の者に提供することを目的とする」の判断基準…

  2. 職業紹介事業と派遣事業の兼業

    職業紹介事業と派遣事業を兼業する場合の許可要件

  3. 専ら派遣の禁止(許可要件①)/HRストーリーズ社会保険労務士法人

    専ら派遣の禁止(労働者派遣事業許可要件①)

  4. 公正採用選考人権啓発推進員とは

    公正採用選考人権啓発推進員制度

  5. 適正な事業運営に関する判断(労働者派遣事業許可要件)

    適正な事業運営に関する判断(労働者派遣事業許可要件)

  6. 民営職業紹介事業と兼業する場合の許可の要件

    民営職業紹介事業と兼業する場合の労働者派遣事業の許可要件

  7. 事業所に関する判断 (労働者派遣事業許可要件)

    事業所に関する判断 (労働者派遣事業許可要件)

  8. 派遣労働者のキャリア形成を念頭に置いた段階的かつ体系的な教育訓練の実施計画

    派遣労働者のキャリア形成を念頭に置いた段階的かつ体系的な教育訓練の実施…