民営職業紹介事業と兼業する場合の許可の要件

民営職業紹介事業と兼業する場合の労働者派遣事業の許可要件

労働者派遣事業と民営職業紹介事業(有料職業紹介事業など)を同一の事業所内で兼業しようとする場合は、それぞれの許可要件を満たすことに加えて次の要件を満たすことが必要となります。

労働者派遣事業と職業紹介事業の事業運営の区分

派遣労働者に係る個人情報と求職者に係る個人情報について、労働者派遣事業又は職業紹介事業の業務の目的の達成に必要な範囲でこれを収集し、当該収集の目的の範囲内でこれを保管および使用するよう管理されること等事業運営につき明確な区分がなされていること。

当該要件を満たすためには、次のいずれにも該当することが必要である。

  1. 労働者の希望に基づき個別の申込みがある場合を除き、同一の者について労働者派遣に係る登録と求職の申込みの受付を重複して行わず、かつ、相互に入れ換えないこと。
  2. 派遣の依頼者又は求人者の希望に基づき個別の申込みがある場合を除き、派遣の依頼と求人の申込みを重複して行わず、かつ、相互に入れ換えないこと。
  3. 派遣労働者に係る個人情報と求職者に係る個人情報について、職業紹介事業又は労働者派遣事業のいずれの業務に使用することを目的として収集されたものであるかを明確にして管理されること。
  4. 派遣の依頼者に係る情報と求人者に係る情報について、職業紹介事業又は労働者派遣事業のいずれの業務に使用することを目的として収集されたものであるかを明確にして管理されること。
  5. 労働者派遣の登録のみをしている派遣労働者に対して職業紹介を行わないこと、かつ、求職申込みのみをしている求職者について労働者派遣を行わないこと。
  6. 派遣の依頼のみを行っている者に対して職業紹介を行わないこと、かつ、求人申込みのみをしている求人者について労働者派遣を行わないこと。
  7. 紹介予定派遣を行う場合を除き、求職者に対して職業紹介する手段として労働者派遣をするものではないこと。

民営職業紹介事業と兼業する場合の許可申請関係書類等

すでに労働者派遣事業の許可を取得している者又は労働者派遣事業の許可の有効期間の更新を行った者が、職業紹介事業の許可の申請を行う場合、もしくは、労働者派遣事業の許可の申請と同時に職業紹介事業の許可の申請を行う場合において、職業安定法施行規則第18条第7項の規定に基づき、職業紹介事業の許可の申請に係る添付書類を省略することができる。

民営職業紹介事業と兼業する場合の許可申請に関する詳細は、「職業紹介事業業務運営要領」を参照すること。

派遣・紹介事業許可を同時取得のお得な料金プラン

HRベイシス社会保険労務士事務所では、労働者派遣事業の許可と有料職業紹介事業の許可の同時取得に関する申請代行をご依頼されたお客様に対して、お得な料金プランをご用意いたしました。

関連記事

  1. 有料職業紹介事業許可(許可要件:財産的基礎)

    有料職業紹介事業の財産的基準とは?

  2. 小規模派遣元事業主への暫定的な配慮措置(許可更新時の緩和された資産要件)

    小規模派遣元事業主への暫定的な配慮措置(許可更新時の緩和された資産要件…

  3. キャリアコンサルティングの相談窓口

    キャリアコンサルティングの相談窓口の設置

  4. 派遣元事業主に関する判断

    派遣元事業主に関する判断(労働者派遣事業許可要件)

  5. 派遣許可資産要件

    派遣許可申請に必要な資産要件(まとめ)

  6. 事業所に関する判断 (労働者派遣事業許可要件)

    事業所に関する判断 (労働者派遣事業許可要件)

  7. 職業紹介事業と派遣事業の兼業

    職業紹介事業と派遣事業を兼業する場合の許可要件

  8. 許可の欠格事由

    許可が受けることができない欠格事由とは?