「派遣社員への教育訓練の時期・頻度・時間数等」

許可申請の前に知っておきたい、「派遣社員への教育訓練の時期・頻度・時間数等」

派遣元事業主は、派遣労働者のキャリア形成を行うために派遣社員への教育訓練の時期、頻度そして時間数などを計画、準備をしなければなりません。今回は、その教育訓練の時期・頻度・時間数等についての許可要件を確認致しましょう。

派遣労働者全員への入職時の教育訓練は必須

派遣労働者全員に対して入職時の教育訓練は必須です。また、教育訓練は、少なくとも最初の3年間は毎年1回以上の機会の提供が必要であり、その後も、キャリアの節目などの一定の期間ごとにキャリアパスに応じた研修等が用意されていることが必要です。

最初の3年間は毎年8時間以上の教育訓練の機会を提供

実施時間数については、フルタイムで1年以上の雇用見込みの派遣労働者一人当たり、少なくとも最初の3年間は、毎年概ね8時間以上の教育訓練の機会の提供が必要です。もちろんこれらの訓練は有給かつ無償で行わなければなりません。

派遣元事業主は上記の教育訓練計画の実施に当たって、教育訓練を適切に受講できるように就業時間等に配慮しなければならない。なお、派遣元事業主は、派遣先に対して、派遣労働者が教育訓練を受けられるように協力を求めることが望ましいこととされています。

派遣稼働しながらの教育訓練の確実な実施のためにも、派遣先にも協力をいただき、今日訓練を実施する場所や方法に関する工夫も必要となりますね。

労働者派遣事業新規許可申請代行のご案内

労働者派遣事業許可申請代行
労働者派遣事業の許可申請代行の御依頼は、HRストーリーズ社会保険労務士法人にお任せ下さい。

キャリアアップの教育訓練の実施に関する計画や具体的な内容につきましては、労働者派遣事業の許可申請時に最も頭を悩ます問題かもしれません。

HRストーリーズ社会保険労務士法人では、お悩みの企業様に代わって、派遣予定業務のキャリアアップの教育訓練の体系づくりや具体的な教育訓練の内容までご相談やご提案をさせて戴きます。

HRストーリーズ社会保険労務士法人では、人材ビジネスの実務経験に長けた社会保険労務士が、貴社の許可申請を全面的にバックアップ致します。面倒な申請書類はもとより、キャリアアップの教育訓練の体系から具体的な訓練内容の展開に至るまで、至れり尽くせりのご対応を保証致します。

労働者派遣事業の許可申請代行のご案内はこちらから。

関連記事

  1. 適正な事業運営に関する判断(労働者派遣事業許可要件)

    適正な事業運営に関する判断(労働者派遣事業許可要件)

  2. 「専ら労働者派遣の役務を特定の者に提供することを目的とする」の判断基準等

    「専ら労働者派遣の役務を特定の者に提供することを目的とする」の判断基準…

  3. 派遣元事業主に関する判断

    派遣元事業主に関する判断(労働者派遣事業許可要件)

  4. 派遣労働者に係る雇用管理を適正に行うに足りる能力を有するもの

    派遣労働者に係る雇用管理を適正に行うに足りる能力を有するもの(労働者派…

  5. 小規模派遣元事業主への暫定的な配慮措置(許可更新時の緩和された資産要件)

    小規模派遣元事業主への暫定的な配慮措置(許可更新時の緩和された資産要件…

  6. 専ら派遣の禁止(許可要件①)/HRストーリーズ社会保険労務士法人

    専ら派遣の禁止(労働者派遣事業許可要件①)

  7. 民営職業紹介事業と兼業する場合の許可の要件

    民営職業紹介事業と兼業する場合の労働者派遣事業の許可要件

  8. 事業所に関する判断 (労働者派遣事業許可要件)

    事業所に関する判断 (労働者派遣事業許可要件)