労働者派遣契約とは

労働者派遣契約とは?

労働者派遣を行うには、労働者派遣契約と労働契約(雇用契約)が必要です。では、労働者派遣法第26条(契約の内容等)の労働者派遣契約とは、どのような契約を指すのでしょうか。

労働者派遣法でいう派遣契約は個別契約

労働者派遣法第26条にいう「労働者派遣契約」とは、「契約の当事者の一方が、相手方に対し労働者派遣することを約する契約」をいい、当事者の一方が労働者派遣を行う旨の意思表示を行いそれに対してもう一方の当事者が同意をすること又は当事者の一方が労働者派遣を受ける旨の意思表示を行いそれに対してもう一方の当事者が同意をすることにより成立する契約で、その形式については、文書であるか否か、又有償であるか無償であるかを問うものではないこととされています。

労働者派遣契約とは
  1. 派遣元が労働者派遣契約をする旨の意思表示を行い、それに対して派遣先が同意をすることにより成立する契約
  2. 派遣先が労働者派遣契約を受ける旨の意思表示を行い、それに対して派遣元が同意をすることにより成立する契約

労働者派遣に関する契約については、恒常的に取引先との間に労働者派遣をする旨の基本契約(「労働者派遣基本契約書」などの名称。)を締結し、個々具体的に労働者派遣をする場合に個別に就業条件をその内容に含む個別契約(「労働者派遣契約書」などの名称。)を締結するという場合があるが、この場合、労働者派遣法第26条の意味における労働者派遣契約とは、後者の個別契約をいいます。

労働者派遣法第26条の労働者派遣契約とは、個別契約をいう。

労働者派遣契約で留意すべき事項

労働者派遣契約の締結にあたって、派遣元事業主は以下の点に留意しなければなりません。

  1. 派遣可能期間の制限を受ける労働者派遣を行う場合に、労働者派遣契約の締結にあたって派遣先から事業所単位の抵触日の通知を受けている。
  2. 事業所単位・個人単位の期間制限を超えての派遣は行っていないこと。
  3. 労働者派遣契約の締結にあたっては、労働者派遣法及び同施行規則に定められたすべての事項をもれなく定め、かつ書面に記載していること。
  4. 派遣労働者の就業日や就業時間について、シフト表や派遣先カレンダーによる場合は、労働者派遣契約にそれらの資料が添付されていること。
  5. 労働者派遣契約には、派遣先の都合で中途解除する際に、「労働者派遣契約の解除を事前に申し入れること」、「派遣先における就業機会を確保すること」これができなければ「休業手当及び解雇予告手当に相当する額以上の額について損害賠償を行うこと」が、すべて定められていること。

関連記事

  1. 労働者派遣個別契約書

    労働者派遣個別契約(労働者派遣法第26条)